秋田県鹿角市十和田毛馬内

JAPAN AKITA KAZUNO TOWADA KEMANAI

国指定重要無形民俗文化財毛馬内盆踊りKEMANAI BON ODORI

甚句

後踊りの 「甚句」 には囃子がつかず、
七 七 七 五 調の歌詞の唄で踊られます。
戦国時代の戦勝の宴での踊りを起源とする言い伝えから、
遊興踊り的要素が根源にあると思われます。

そのためか、
先祖供養というより豊作祈願や盆踊りの楽しさ、
郷土の風物、
日常の生活を表す歌詞を次々代わる唄い手が唄い、
踊り手は手拍子を入れながら踊ります。

後踊りの「甚句」には囃子がつかず、
七七七五調の歌詞の唄で踊られます。
甚句(じんく)の歌詞
甚句(じんく)の様子1甚句(じんく)の様子2甚句(じんく)の様子3甚句(じんく)の様子4甚句(じんく)の様子5甚句(じんく)の様子6甚句(じんく)の様子7甚句(じんく)の様子8甚句(じんく)の様子9甚句(じんく)の様子10甚句(じんく)の様子11甚句(じんく)の様子12